松本白鸚・幸四郎襲名披露公演@松竹座③ 女殺油地獄

猿之助さんと新・幸四郎さんのコンビ
楽しみにしていました。

近松の世話物。
江戸っ子の幸四郎さんが
ご当地大阪で演ずるのは
すごく勇気がいりますよね(^-^;

正直言って、大阪弁ネイティブには
ちょっと…な部分があります。

でも、このお役を敢えて選ばれたであろう
幸四郎さんの意気込みが
非常に強く伝わってきました。
これからも、何度となく挑戦してほしいです。




物語は、油屋のどうしようもないどら息子
与兵衛が主人公。
家のお金をくすねては芸妓遊び。
ろくに働きもせず、家族に暴力をふるい
おまけに親戚にも悪行で迷惑をかける始末。

遅きに失した感もありますが、とうとう母に勘当されます。

しかし。
母は、そんな息子を情けないと思いつつ
「バカな子ほど可愛い」を地で行きます。

人を介して金を渡してやろうとするんですよね。
そして、継父も同じことを…


物陰でこのやりとりを聞いていた与兵衛。
両親の心情を知って
今度こそ改心するのでしょうか!?

近松モノですからね、
そんな結末であるはずがありません。


両親が預けてくれたお金でも
借金をすべて返済するには程遠い額と分かり
姉のような存在のお吉に
「不義して金を貸して」と迫るのです。

アホにもほどがある!!!
いつも心で突っ込みながら観ていますww

けれど件の場面には
凄惨だけれど、月明かりと刀の蒼白い光りに
どこか刹那的美しささえ感じられます。
そこが歌舞伎ならではなのかな。


油(舞台では別のもので代用)まみれになり
床を這いつくばって逃げ惑うお吉。
大ケガから復帰した猿之助さんの腕は大丈夫かな…
最初は気になりながら拝見していましたが
それも途中で忘れてしまうくらいの熱演でした。


お吉はしっかり者で、どちらかといえば地味なんだけど
人妻の艶、とでもいうのでしょうか?
過剰でなく、よい頃合いに表現されていたと思います。

やっぱり猿之助さんの女形が好きだなぁ。


いつかまた、このコンビで
通し狂言の女殺を観たいものですね。


なにはともあれ、高麗屋三代襲名
おめでとうございます!

d0193045_19104327.jpg








[PR]
# by mame-soleil | 2018-08-28 14:00 | 歌舞伎 | Comments(0)