<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

GWは花形歌舞伎@松竹座

雨女の母と出かけたこの日は、暑いくらいの五月晴れでした^ ^
こどもの日だからか、小学生の姿もちらほら。
シブい…(笑)
私は小学生の頃見た舞台といえば
「ピーターパン」や「アニー」だったな(^-^;

ロビーでは藤間勘十郎さんご一家のお姿も。
一階後方の中央ブロックに座っておられたので
舞台の動きやバランスなど、チェックだったのかもしれませんね。

d0193045_07234629.jpg


昼の部『戻駕色相肩(もどりかご いろにあいかた)』から。
児太郎さんの踊り、ちょっと硬いな…と感じましたが
これは禿ゆえの幼さを表現してのことだったのでしょうか。
あんまり色っぽすぎてもオカシイし
後半との対比もあってかな(^_-)
若手のお三方らしい、溌剌とした舞踊でした。

幕間のお弁当、今回は、かに道楽のお寿司を。

d0193045_16524786.jpg


せっかくの観劇、お食事もおしゃれも
マルッと楽しまなきゃ!と思うワタクシ。

歌舞伎の客席は番付が読めるほど明るい=舞台からよく見えている…
役者さんたちは、自分の後援会の人がどの並びに座っているか知ってる訳ですし
TPOは大事ですよね、と思うことがありました。
おっと…話が逸れましたね(汗)


さてさて。
待ってました!『金幣猿島郡(きんのざい さるしまだいり)』
恋しい人を思って涙に暮れる日々、
ついに目が見えなくなってしまった清姫。
そんな娘を七綾姫の身代わり首にしようとする母…
ひぇ〜(@ @;)
今じゃ考えられない発想ですが(笑)これも時代のなせるワザ。

目も見えない…恋しい人にも会えない…
世を儚んで、母の言いつけどおり自らの命を差し出そうとするのですが
そこで歌舞伎あるある!
お得意の「宝刀」で目が見えるようになり
そして眼前には恋い焦がれたその人が♡

先ほどまでのしおらしさはどこへやら〜〜
ここで大豹変!⇒七綾・憎し(笑)

心情をあらわにする場面って、女形にはあまりないけど
表情をパッと切替えたり、声色を変えたり。
笑いをむかえに行くと客はひくんだけど
こういうところ、猿之助さんはバツグンに上手い、と思う。

お面を次々に取りかえながらの舞踊場面も、この演目の見どころですね。
後見の段一郎さんとの呼吸もバッチリ。
衣装の引き抜きなども段之ねえさんが、がっちりサポート。
昼の部ではこの後見でしかお姿拝見できず
ねえさんファンの私はちょっと寂しかったな。


息使いを感じられるよいお席で、しっかり楽しませて頂きました☆
勘九郎さんと目があった、というか
視線の置場が自分の辺りだった⁈ので
ドキドキしましたわ(笑)

時間があれば『野崎村』の幕見にも行きたいな。
d0193045_07495779.jpg




[PR]
by mame-soleil | 2017-05-15 14:00 | 歌舞伎 | Comments(0)