<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

哭声 コクソン

日本での公開を楽しみにしていました。

d0193045_19521244.jpg


その理由はもちろん國村隼さん。
藤山直美さんと朝ドラで共演されたドラマで
佇まいが素敵だな、と思ってからファンです(*^^*)

青龍映画賞で、外国人として初の
男優助演賞と人気スター賞をダブル受賞されましたね。
おめでとうございます!
受賞式でのスピーチもお人柄が滲み出ているようでした。
司会の方が、「日本語は分からないけど感動するスピーチだ、オーラがある」
といったことをお話しされていたのが、妙に納得できた(笑)


で、この映画。
一度見ただけでは、謎も多く
私は作品に込められたメッセージを受け止めきれていない…
そんなふうに感じました。

ただ、凄惨なシーンよりも、何よりも恐ろしいもの。
それは悪霊でも他所者でもなく
真実を知ろうとしない、噂に惑わされる人間の弱さ、愚かさだと
それだけは心にズシリと響きました。

國村さん、とても少ない台詞だけれど
目、背中、歩き方、怪演!でした。

時間が許せば、もう一度見ておきたい作品です。

[PR]
by mame-soleil | 2017-03-23 14:00 | K-POP・韓流 | Comments(0)

五月花形歌舞伎@松竹座

猿之助さんの歌舞伎、お久しぶり。
ファンクラブ先行予約が始まりました。

d0193045_12331321.jpg



松竹座開場20周年のお祝い興行。
ということは…私の歌舞伎観劇歴も
いつのまにやら20年を超えたってことね、おぉ f^-^;)


猿之助さんがメインとなる昼の部「猿島郡」は
タイミングがあわず、見ていない演目。
中村屋兄弟との共演も今から楽しみです♬


夜の部も「野崎村」に竹バアや弥十郎さんご出演で気になるけど
諸事情により…今回はお昼だけになる予定。


ぎりぎり袷でOKの季節だから、久しぶりに着物に袖を通そうかな⁈
着て行くものから、幕間のお弁当、帰りの食事にいたるまで
ならでは、の楽しみがいろいろです。
GWが待ち遠しい!

[PR]
by mame-soleil | 2017-03-15 14:00 | 歌舞伎 | Comments(0)

どこいこにD-LITEさんがやってきた

TVネタが続きますが…
テレビ大阪のバラエティ番組「やすとものどこいこ⁈」に
BIGBANGのD-LITEさんが登場☆

d0193045_15443995.jpg

(番組HPからお借りしました)

毎週、やすよともこ(姉妹の漫才コンビ)のお二人が
ゲストと、自分たちの買いたい物を「自腹」で買うだけという
関西ならでは!?のゆるさあふれる番組(笑)

ゲストには芸人さんだけじゃなく、ジャニーズの人やら
お姉ちゃんのダンナさんである前田耕陽さんまで出演するという(^-^;)
風変りな番組ですが、家にいるときは
15時になるとチャンネルを合わせて、お茶タイムにのんびり見てしまいます。


予告を見た時、失礼ながら「この番組にD-LITEさん出るの!?」
と思ったけど、以前にも出演されたことがあったんですね。

今回は番組の5周年記念ということで2時間のスペシャル版。
といっても、ゲストのお出ましは後半の1時間でしたが。

D-LITEさんは達者な日本語で二人とやり取りしながら
お買い物の時間を楽しまれているのが伝わってきました。
普段はこんなに自由にゆっくりお買い物する時間もないのかな。

お姉ちゃんのスカートの裾がエスカレーターに挟まらないよう気遣ったり
バレンタイン前の撮影だったので、お菓子をプレゼントしたり
と、優しい好青年でした(^-^)

「BIGBANGってすごい人気なんやろう?
 でも気さくな子なんやね~」
とは、一緒に見ていた母の弁。
地上波に露出すると、こういう広がりがあるんですよね~
知らなかった人に、その存在を知ってもらういいきっかけになります。
某事務所もよく考えてほしいな…

大阪ではソロのドーム公演が控えているようですし
ファンの皆さんは楽しみですね♬





[PR]
by mame-soleil | 2017-03-12 14:00 | K-POP・韓流 | Comments(0)

チョイ住み 釜山編

土曜日はNHKのBSで釜山編が放送されていました。

d0193045_19155216.jpg

(番組HPよりお借りしました)

1週間の「生活」が目的だから
観光スポットやお店を紹介する番組とは、ひと味違った面白さがあります。
リアル感が増すというか、なんというか。

旅人の組み合わせも面白いです。
今回の旅人だったお二人は
人とかかわるのが大好き!という感じの
好奇心旺盛でエネルギッシュな50代と
人とのコミュニケーションが苦手そうで
草食っぽく見える、おとなしそうな20代。
動と静、対照的なキャラクターでした。

まだ釜山を訪れたことがない私は
「行ってみたいな~」という気持ちをますます刺激されました!




[PR]
by mame-soleil | 2017-03-10 14:00 | K-POP・韓流 | Comments(0)