「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:おでかけ( 48 )

話してみよう韓国語 第15回 大阪大会

韓国語講座のクラスメートお二人が
一般スキット部門の予選を見事に通過!!
大会に出場されるので、応援に行ってきました。

d0193045_08220327.jpg


会場は中崎町にある、ヌリホール@大阪韓国文化院。
中高生のスキット15組、一般スキット5組、スピーチ8人の3部門に分かれています。

想像以上の長丁場となりましたが
みなさん手作りの小道具を使ったり、歌ったり踊ったり
工夫を凝らしていて楽しめました。
とてもお上手で、素晴らしかったです。
クラスメートの出番では、応援部隊もドキドキ。
しかし、堂々たる素晴らしい女優っぷり!
この日一番の拍手じゃない⁈と思いました(^_-)
キンチョーしぃ、の私からすれば
舞台に立ってるだけで尊敬もの♡


単語帳を見るにつけ、私ってこんなに物覚えが悪かったかな…
と凹んでしまう今日この頃ですが
皆さんからとてもいい刺激を受けました。
私の勉強は、大学の前期・後期10回ずつの授業が基本。
教わった内容をコツコツ復習するほか
語学の習得にはどこにも近道なんてないんですよね。。。

今年はハングル検定の受験を目標☆に、もうちょっと頑張らねば~
↑言っちゃった…でも6月はムリだから秋にね(笑)


[PR]
by mame-soleil | 2017-02-13 14:00 | おでかけ | Comments(2)

超高速!参勤交代リターンズ

猿之助さんが出演してるので見に行きたい!
という母のリクエストに応え、近場のMOVIXへ。

母のシニア割分の金額はいいけど、一般は1800円…
すでに公開済みのため、金券ショップで「ムビチケ」なるものを購入。
単館系映画館にしかほぼ行っていないので、初めて利用。
勝手がわからず、バイトくんの丁寧な説明にしたがって、劇場で当日予約しました。
削ってQRコードとか、ちょっと手順が多いわぁ(^_^;)


前作同様、娯楽時代劇映画の王道を行く分かりやすさ。
な~んにも考える必要なし。
それが良さかな。

猿之助さん、今作は登場が2シーンに増えた!!(笑)
安定の殿っぷり、四字熟語だらけの台詞を発しても
そこに説得力が備わっているのは、さすが、の一言。

そして。
誰よりも振り切った演技やメイク・衣装で楽しませてくれた
老中役の陣内孝則さんに、心から拍手を送ります(-_^)
[PR]
by mame-soleil | 2016-09-23 18:37 | おでかけ | Comments(0)

初春文楽公演@国立文楽劇場

今年の観劇始めは、猿友さんにお誘い頂き文楽へ(*^^*)

d0193045_16061791.jpg


今月は、人間国宝八代目豊竹嶋大夫さんの引退披露とあって
第一部にお客様が集中しているのでしょうか…
伺った第二部は、休日にしてはちょっと空席が気になる感じでした。


さて。
第二部の演目は「国性爺合戦」の通し狂言。
文楽劇場での初段の上演は32年ぶり!という珍しさ。

文楽でも歌舞伎でも、
ドラマティックな展開があったり
見せ場の多い段だけが上演されがち。
それを足がかりに興味を持つ人が増えればいいし
集客などを考えればやむなし…ってところでしょうか。

でもこうして通しでやってもらえると
「あぁ、こういうことがあってこうなったのね」
と、物語の流れがよりクリアに分かるので
個人的には嬉しいです(^-^)b

住さま引退のあと、「この人の語りが聞きたい」と思う大夫さんが私には見つからず
足を運ぶ回数も減っていましたが
文楽は大阪で生まれた芸能。
見守るつもりで、もっと足を運びたいと思います。


幕間のお楽しみ、今回は吉野寿司にしました♡
d0193045_08134333.jpg

やっぱり美味しい〜

[PR]
by mame-soleil | 2016-01-11 21:45 | おでかけ | Comments(0)

吉田玉男襲名披露

4月の国立文楽劇場は襲名披露。
猿友さんにお誘い頂き、拝見するチャンスに恵まれました。
ありがとうございます(^-^)

d0193045_19164459.jpg


最初は「絵本太功記」
あらすじは分かっている、とはいえ、のっけから1時間半の長丁場。
これは観る側にも体力が相当必要で
集中力を維持するのは、なかなか難しかったですf^-^;)


続いて「天網島時雨炬燵」
主役の登場です!
玉男さんの遣いはどことなく
楷書っぽいなぁと感じました。
真面目なお人柄が滲んでいるのでしょうか(-_^)


治兵衛の優柔不断なクセにどこか頑固なところとか
語りにもう少しメリハリがあればな、なんて思いつつ拝見。
それは、まだまだ私の文楽観劇歴が浅く
「心中天網島」で観た、上方歌舞伎の役者さんがもつ
はんなりとした風情が頭に浮かんでいたからかもしれません。

古典芸能といっても
歌舞伎はやっぱり役者ありき。
役者の芸を観るのが楽しみであり
文楽は物語そのものを楽しむのに向いているのかなぁ…
そういう意味では、これは私の中では歌舞伎向きなのかも。

ラストは派手に(笑)「伊達娘恋緋鹿子」
パッと視覚に訴えかけてくる様は
お七のキャラクターも手伝ってか、鮮烈に感じました。


大好きな住大夫さんが引退されてからというもの
ちょっと足が遠のいていた文楽。
ですが、やはり上方で生まれ育った伝統芸能。
これからも応援していきたいと思いますp(^_^)q

[PR]
by mame-soleil | 2015-05-25 19:15 | おでかけ | Comments(0)

川喜田半泥子物語@ハルカス美術館

行くつもり満々でいた川喜田半泥子展に
猿友さんから偶然にもお声掛けいただき、ご一緒させて頂きました。

d0193045_16282598.jpg


物語、と銘打たれただけあって、単なる作品の展示ではなく
人物背景がよく理解できる分かりやすいものになっていたように思います。


「無茶」=ありのまま、を愛する大らかさと同居するウィット。
現代にも十分通用する、とっても洒落た感じが好ましい。

お祖母様の厳しい孫育ての中で培われた哲学や道徳観、
幼き頃から一流の物に囲まれて育った方が醸し出すセンス、
まさに環境のなせる技、というやつですね。


茶道をほんの少々齧った者には、とんでもなく使いにくそうに見える
大胆な茶杓や水指(笑)は、プロじゃないからこそ生み出せる作品の数々。

「失敗したっていいじゃないか。
 他人から何と言われたって、自分が作りたいものを作るだけだ。」
そんな半泥子の声が聞こえてくるかのよう。

既成概念に囚われす、また、己の哲学を人に押し付けることもよしとしない。
きっと自由な精神の持ち主でいらしたのだなぁ。
潔くて好きだ。


とてもいい時間を過ごすことが出来ました。
お誘いに感謝です(^-^)
[PR]
by mame-soleil | 2015-04-22 16:25 | おでかけ | Comments(0)

秋の校外学習⁈

「近いからいつでも行けるし…」
そう思ってなかなか足を運ばない名所って、意外に多いもの。

先日、猿友Mさんからお誘い頂き、うかがってきたのもそんな一つ
『義経千本桜』でお馴染みの源九郎狐が奉られている、その名も源九郎狐神社!
なんてストレートなお名前でしょう(笑)

奈良県大和郡山市にあるのですが、規模は小さいものの
そこは演目ゆかりの地。
当代猿之助さんや、勘九郎さんも訪れておられるようで
お写真や記念植樹が。

d0193045_2291241.jpg



狛犬ならぬ、阿吽のお狐さまが迎えてくれます。
d0193045_2291557.jpg


絵馬もお狐さまの顔型。

次にこの演目を観るときには、きっと思い出すんだろうなぁ
なんて思いながら、お参りさせていただきました。


この日のお土産☆
神社近くの和菓子店で源九郎餅!
d0193045_229165.jpg

[PR]
by mame-soleil | 2014-10-17 22:03 | おでかけ | Comments(0)

超高速!参勤交代

猿之助さん出演とあれば見なきゃ!
と思いつつ、そのままになっていた「超高速!参勤交代」
ランチのあと、猿友のMさんとご一緒させて頂きました(^-^)
お互いに、もうとっくに見ていて
感想を聞こうと思っていたなんて…
奇遇といいましょうか(笑)

さて、映画はというと
最初に登場したきり、猿之助さんの出番が・・・
もしやこのまま終わってしまうのか(@ @;)
不安になった終盤、再び殿はお出ましに。
ホッとしましたねぇ(^-^;)


ストーリーは、な~んにも考えず、アタマを空っぽにして楽しめる娯楽映画の体。
蔵之介節もバッチリ楽しめます(笑)

猿之助さんはやっぱり所作が美しかったというのが印象的。
大きなスクリーンで見ても、違和感のカケラもなく
堂々の殿っぷりでございました。

猿DAYとなった、シアワセな1日でございました♡
[PR]
by mame-soleil | 2014-08-26 22:08 | おでかけ | Comments(0)

あべのハルカス

あべのハルカス美術館で開催されていた「東大寺展」
最終日に駆け込みで鑑賞。

d0193045_822710.jpg

d0193045_822857.jpg



近いし、いつでも行けるし、きっとまだ混んでる・・・
と思っていたので、実はハルカスを訪れるのも初めて。

噂の展望台はまだまだ大行列。
御苦労さまです(*^^*)

美術展を堪能したあとは、ウィンドーショッピング♪
と思っていたけれど
広いうえにタワーが分かれているので、目的のお店を探してたどり着くのが大変(> <)
慣れればそうでもないのかなぁ?

お腹もすいてきたし、そういう時はさっさと移動するに限ります(笑)


ランチはブラッスリーブーJr.
心斎橋のパシオンと同じ系列ゆえ、すんごいボリューム。
そして嬉しいことに、ランチタムは380円の特別価格☆でグラスワインが頂ける!
そりゃ、頼んでしまいますよねf^-^;)

泡♪

d0193045_822961.jpg


どこの何だったんだろうか…。


d0193045_8221063.jpg

d0193045_8221156.jpg


ハンバーグが相当にレアで、個人的にはもう少し火が入っている方がよかったかな。

d0193045_8221266.jpg


nomoコーヒー

そう、元大リーガーの野茂さんプロデュース☆
あっさりとしたあと口のよいコーヒーで
何杯も飲むにはよさそう。

他のお客様が会計でフタをもらっているのを見て
テイクアウト出来るように、プラカップだったのか…!?
と気づいたけれど、時すでに遅し。
お腹はちゃぷちゃぷ、パンパン(笑)
ごちそうさまでした。
[PR]
by mame-soleil | 2014-05-28 08:05 | おでかけ | Comments(0)

文楽4月公演

国立文楽劇場開場30周年と人間国宝・七世竹本住大夫さんの引退が重なり
4月公演は大盛況でした。
文楽を拝見するようになって、「大入満員」の看板は初めて。

d0193045_8324271.jpg



住大夫さんが出演されるからと
第2部のチケットを申し込んでいたけれど
その時点ではこれが引退公演になるとは夢にも思わず・・・
本当に申し込んでおいてよかったなぁ!ツイてるわぁ!!と自画自賛(笑)


まだまだ文楽は初心者の私。
演目は「菅原伝授手習鑑」を通し狂言で。
歌舞伎で観知った演目は、筋が分かっているだけに馴染みやすい(*^^*)

「車曳の段」は、名場面「時平の七笑い」もあり
歌舞伎とほぼ同じ構成だなぁと感じつつスタート。

その後の段は初めて。
見せ場があり、歌舞伎でも上演されるような段ではないけれど
それがあることで、物語の流れがスムーズに頭に入ってきて
通し狂言の良さを実感しました。


待ちに待った住大夫さんの登場される「桜丸切腹の段」
ひときわ大きな拍手と「待ってました!」の掛け声と。

自ら切腹を選ぶ桜丸の潔さ
子に先立たれる悲しみと、息子の覚悟を受け止める父の大きさ
愛する夫と添いとげたい妻

住大夫さんの語りの素晴らしさってどこかしら…と考えると
登場人物の思いがひしひしと伝わる情感の豊かさと
語りわけが本当に分かりやすいのです。

1人で幾人もの人物を語り分けるのが大夫という存在。
でも、語りわけにあまり差がないと感じる大夫もいる。

技と心が同じレベルで生き生きしていると感じるから
私は住大夫さんの語りが大好きなのだなぁと思う。

鳴り止まぬ拍手の中、出番を終えられ盆がまわり
お辞儀の姿勢の住大夫さんが見えなくなる直前のこと。
私の座席からは静かに頭を左右に振られたがお姿が目に入りました。

「あかん、納得いかん」
そうおっしゃっているかのように感じ、ハッとしました。

最期までこの方は芸の虫なんだなぁ…
私はこの衝撃を忘れることはないでしょう。

住大夫さん、本当にお疲れさまでした。
[PR]
by mame-soleil | 2014-05-04 09:38 | おでかけ | Comments(0)

鞍馬寺

しばらく前から、何故か気になっていた鞍馬。
d0193045_1934921.jpg


d0193045_1935113.jpg


インスピレーションにしたがってみよう(^-^)/
と思い、初めて鞍馬寺を訪問。

何だか、お寺と神社は空気感が違います。

d0193045_1935288.jpg


京都市内はちらほら程度だったこの日
多宝塔を囲む桜は、はや満開でした。


本殿金堂には尊天が祀られているそう。
尊天とは「すべての生命を生かし存在させる宇宙エネルギー」なのだとか。

宇宙の新年スタートは春分の日という説もあるらしく
いい時期に呼ばれていったのかな~(^_-)


よく目にする、これぞまさしくパワースポット☆

d0193045_1935535.jpg


この上に立ってみると、足の裏から充電されるような感じがしてびっくり(@o@)
いいエネルギーをいただけたことに感謝して
今回はここで下山することに。


おまけ。

下山途中に反応してしまった、歌舞伎好きにはお馴染みのこんな場所(笑)

d0193045_1935667.jpg

[PR]
by mame-soleil | 2014-04-08 18:27 | おでかけ | Comments(0)